ホーム > サービス > 受講者の声

受講生の声

このコーナーは、(一財)NHK放送研修センターが企画したセミナーや講座に参加した皆さんの感想などを紹介しています。

日本語センタースクール

話しことば専科

“時間をかけ一人ひとりに丁寧に”

「スクール総合ページ」

 アナウンサー試験で実際に話した自己PRや志望動機は、この講座の時間中に考えたものがベースになりました。エントリーシートも納得のいくものに仕上がりました。時間をかけ一人ひとりに丁寧に指導をしてくださるのは、他のスクールにはない特徴だと感じています。

ES・面接・一般常識講座/マスコミをめざす大学生セミナー
立命館大学 北本隆雄さん

最新アナウンスカレッジ

“目からウロコが落ちることばかり”

「アナウンサー・マスコミ」

 スクールでは、目からウロコが落ちることばかりでした。「全体から部分へ」、「見出しを立てて」など、情報をわかりやすく相手に伝える方法を理論的に学ぶことができます。これらは知っていそうで知らなかったことばかりで、毎回発見の連続でした。また、理論だけではなく実践も充実しています。ビデオ収録やミニ番組の作成など、実践を通して「情報をわかりやすく伝える」方法を身につけることができました。さらに、先生はNHKの現役や元アナウンサーの方ばかり。授業の合間に放送の現場のお話を聞くこともでき、キャスター・リポーターの仕事を垣間見ることができました。
現在私は、NHK前橋放送局でキャスターをしています。キャスターでも、ただ原稿を読むだけではありません。自分で取材して番組を作ったり、お知らせ文を書くこともあります。そんな私の大きな支えとなっているのは、スクールで学んだ日々なのです。

マスコミ志望実力養成コース
佐藤 美絵さん(NHKさいたま局キャスター)

話しことば専科

“素直に自分の気持ちを相手に伝えればいい”

「ビジネスセミナー」

 これまで、人前で話すことが苦手で避けてきました。
 講座では、組み立てを考えることや全体から部分へ話すことなど話し方の基本を学んでいます。講師の方からは、発音や姿勢、表情のつくり方など、個性に合わせた細やかな指導を頂いています。また、ある時、ことばを相手に届けるように話すことをアドバイス頂きました。素直に自分の気持ちを相手に伝えればいいんだとわかった時に、とても楽になりました。仕事上では、年を重ねる度に、人前で話す機会が増えております。講座で学んだことを活かして、報告する時は、まず結論から、プレゼンテーションする時は、極力短く簡潔に話すように心がけています。

心をつかむコミュニケーション コース
矢野 知男さん(会社員 神奈川県在住)

朗読・ナレーション教室

“楽しいのである”

「朗読・ナレーション教室」

今は昔、私達の結婚式の司会を夫の友人である某テレビ局のアナウンサーが引き受けてくれた。たった20分の打ち合わせで話したことを、ふくらませて、味付けをして、皆を引き付ける素晴らしい司会だった。その話術、話し方に、プロとは大したものだと感嘆した。
そんなアナウンサー歴数十年の方が講師。毎回の教室が待ち遠しい。あっという間 の2時間である。一人づつ教材を読んで行く。「こうしたら、ああしたら」と教わり、「なるほど、フム、フム」と分かった積もり。いよいよ私の番。極度の緊張 で、声も上ずって散々ご注意を受ける。でも楽しいのである。この年になって、ドキドキして緊張することが出来るなんて最高。上達しているかどうかは定かではない。 諸先輩は同じ教材を読んでも吃驚するくらいお上手。でも、最初からお上手だった訳ではなかろう、と都合よく解釈し、きょうも新しく立派になった砧のNHKでガードマン の敬礼に迎えられ、気持ち良く教室に向かいます。『ためつくり、助詞はのばさず、拍で読め』

朗読サロン
臼井 宗津さん(主婦 東京都在住)