ホーム > 研修案内 > 通信添削講座自宅で学ぶ > インターネットコース 最新朗読 平成29年度前期
通信添削講座

インターネットコース 最新朗読 平成29年度前期

平成29年前期 最新朗読 受付開始!

今期の5作品は・・・

第1回「嚙みきれない想い」鷲田 清一 著 第2回「ミーナの行進」小川 洋子 著 
第3回「のぼうの城」和田 竜 著 第4回「女生徒」太宰 治 著 第5回「沈黙」遠藤 周作 著

 

☆テーマなど詳しい内容は、下記をご覧ください!

 

◆朗読コンテストは、第4回課題文で参加。課題文は「女生徒」(太宰 治著)。8月末日が〆切です。◆


 

◆◆教材のお届けは、3月下旬を予定しております。今しばらくお待ち下さい。◆◆

 


 

セット受講お得です! 例えば、「最新朗読 平成29年後期」と同時申し込みで10%割引!!◇ 

 ※詳しくは受講料欄をご覧ください 
 


◆◇インターネット手軽かつスピーディーに

◆最新の朗読技術を、講師のアナウンサーがわかりやすく個別指導します
半年ごとに作品・テーマを一新
 継続してご受講いただけます
 作品は、講師陣が毎回魅力的な作品を選びます 
◆前期・後期 いつからでも始められます

 

朗読コンテストは年2回開催。日ごろの学習の成果をお試しいただけます♪

公開中!!~「第58回朗読コンテスト」(28年度前期)受賞者の朗読の一部がお聴きになれます!
  ※29年前期朗読コンテストは、8月末日〆切。第4回課題でエントリーいただけます。


バックナンバーもご受講いただけます! ~随時受付中~◇

 ※バックナンバーとは
  カセットテープコースでは平成26年度から28年後期、インターネットコースでは平成25年度から
  28年度後期までの「最新朗読」から、お好きな作品や受講もれの作品集をご受講いただけます。
  (何年の前期・後期とご指定を)

    25年前期: 誰のために愛するか ごん狐 人間万事塞翁が丙午 独江戸職人奇譚 小説智恵子抄
   25年後期: 食・道・楽 鰻の寝床 杜士春 思い出トランプ 雪女
   26年前期: バス停の学生 青年のお礼 村上春樹雑文集 張込み 入れ札
   26年後期: 街場の読書論 神様のカルテ 吾輩は猫である 四千万歩の男 小さき者へ
   27年前期: 道草のすすめ 夜のくだもの屋 地下鉄(メトロ)にのって 猿蟹合戦 セロ弾きのゴーシュ
   27年後期: ゾウの時間ネズミの時間 さよならクリストファー・ロビン 暑い道 金閣寺 寒山拾得

    28年前期: せんせいの鞄 深夜特急 宮本武蔵 春琴抄 砂の女う

   28年後期: 恢復する家族 八朔の雪~みをつくし料理帖 真田太平記 五重塔 氷壁

    

      ご希望の方は、日本語センターまでご連絡ください

     ハガキでのお申し込みは、バックナンバー受講欄にチェックを入れてください。  
         
ホームページからもお申込みいただけます。


西山基子さん(和歌山県和歌山市)
◆受講生体験談◆

「朗読で変わる印象、日常に生かす」  
               
朗読ボランティアを始めるにあたり、ちゃんと読めないと視覚障害者の方に失礼だと思い通信添削を受講しました。「何気なく読んでいては大切な言葉が聞いている人に届きませんよ。」と指導を受け、朗読を学ぶと日常のさまざまなシーンで生かす事ができるとわかりました。
声の出し方、伝え方を意識するだけで変わる印象。良い人間関係にも繋がっています。添削していただいた録音で復習しながら、ますます朗読が楽しくなっています。
金子ミツ江さん(埼玉県さいたま市)


◆海外での受講経験談◆

「アメリカで朗読技術を習得」

ロサンゼルスに住んでいたころ保育園や老人施設で朗読ボランティア活動し、
朗読技術の習得が必須と感じました。
遠隔地で手段がないなか通信添削の存在を知り受講しました。
録音~送信~受信。講師からの添削を聞く緊張感は格別です。
遠く離れていても等しく学べるシステムは素晴らしいと思います。
(アメリカ・ロサンゼルスで受講)
主任講師 飯田恵一アナウンサー

◆主任講師 飯田恵一アナウンサーからのメッセージ◆

「朗読を系統的、実践的に学ぶ」

これから朗読を学びたいという方、長年朗読をしているが、なかなか上達しない方。日本語センターには、学ぶ方法があります。書かれた作品を意味通りに声で伝えるイントネーションや音の高低、息の使い方、間の取り方、音調など、日本語センターの方法論を系統的に実際に読んでいただくなど実践的に学ぶことができます。良質の作品を日本語の音で表現する楽しさを味わってください。

コンセプト

作品世界をいきいきと聞く人に届ける、日本語センターの朗読技術。
NHKアナウンサーが長年にわたり研究し続けている、生きたノウハウ。
教材は指導ポイント考慮しながら、半年ごとに新しい作品にしています。

手軽でスピーディーです
  
ご自分の声を録音できるパソコンICレコーダーiPhoneがあればOK

①テキストとアナウンサーの解説CDで、作品の内容や伝え方のポイントを理解
②アナウンサーの例読を参考に、実際に作品を読んでいただき、録音したものを個人専用サイトに投稿
③その内容をアナウンサーが添削し、あなただけへのアドバイスを個人専用サイトへ返信

音声データのやり取りで、マンツーマンのアドバイスをします

くわしい学習の進め方はこちら >>>添削の進め方

特にお勧めしたい方

朗読ボランティア・音訳者・教師、アナウンサー、司会者・俳優

内容詳しく/閉じる

毎期テーマを変え、より具体的に絞り込んでトレーニングできます。期毎に違う魅力ある作品です。アナウンサーによる参考朗読もお役立てください。
○こんな方に・・・・
・より高い朗読技術を磨きたい方
・朗読ボランティアをしてみたい方
・自己流でない「朗読のノウハウ」を身につけたい方
・朗読の指導法や内容が知りたい方
・児童生徒への例読の力を高めたい方
カリキュラム内容
1
息の力
鷲田 清一 著「嚙みきれない思い」
 ≪参考朗読:高橋 淳之 アナウンサー≫
2
軽やかな声で
小川 洋子 著「ミーナの更新」
 ≪参考朗読:山田 敦子 アナウンサー≫
3
現在進行形の息
和田 竜 著「のぼうの城」
 ≪参考朗読:榊 寿之 アナウンサー≫
4
「組み立て」を考える
太宰 治 著「女生徒」
 ≪参考朗読:杉澤 紀美子 アナウンサー≫
5
名作を読む
~遠藤周作の世界~
遠藤 周作 著「沈黙」
 ≪参考朗読:岩井 正 アナウンサー≫
※「朗読コンテスト」を毎期第4回に行います。参加は自由です。 あなたの朗読力を試すチャンスです。

★同じ内容を カセットテープ教材 で学ぶコースもあります
 学習環境に合わせてご検討ください

受講料詳しく/閉じる

受講料
30,700円
セット受講(同時申込み)で、二つ目の講座から10%割引
安価な講座から順に割引になります。
たとえば「最新朗読前期」と同時にお申込みで 「最新朗読後期」は、30,700円が27,600円に10%割引に、 「朗読入門」と同時お申込みでも27,600円に10%割引になります。 読み聞かせ「あらしのよるに編」と同時申込みで「あらしのよるに編」が 15,200円が13,700円に10%割引になります。  

お申し込み

特記事項詳しく/閉じる

学習期間:6か月
添削回数:5回
教材:テキスト1冊、CD2枚


※最新朗読コースは前期と後期で教材が変わります。


年2回の「朗読コンテスト」で成果を試してください。
審査の締切りは、前期が8月末、後期が2月末です。
参加資格はその期の最新朗読講座を受けている方に限らせていただきます。
第4回の課題文が朗読コンテストの課題です。
選考結果は後日発行する「日本語センター通信」及び、当財団ホームページで発表の予定です。
(お名前・お住まいの市区町村を掲載します。)

コンテストは大賞・優秀賞・優良賞・奨励賞があり、大賞・優秀賞の方の朗読をCDにまとめ頒布します。

必ず「NHK話しことば通信添削」ページをお読みください。

お問合せ詳しく/閉じる

(一財)NHK放送研修センター
日本語センター
電話:03-3415-7121
〈受付:月~金 9:00~17:30〉
PAGE TOP